債務と債権

債務とは特定の人に対して何らかの行為をおこなわなければならない法的義務のことで、この債務を負担する人を「債務者」といいます。
また、債権とは特定の人に対して何らかの行為をおこなうよう請求する法的権利のことで、この権利を持つ人を「債権者」といいます。


借金などの金銭債務の場合は、借りた人は債務者、貸した人は債権者となり、債務者は債権者に金銭を支払わなければなりません。
多重債務とは複数の消費者金融会社などの貸金業者から借金をして、多くの債務を抱えてしまうことです。
この多重債務に陥る一例としては、まず無計画に融資を受けることから始まります。


消費者金融会社によっては審査もゆるく、簡単にお金を借りられるところもあります。
少額だからと安易に借りてしまいましたが、いざ返済の時期がきても実は金利を払うだけで精一杯の状態でした。
困ったあげくに別の消費者金融会社から借りて最初の会社に支払いをしますが、さらに借金がふくらんでしまいました。
そこで、また別の会社から・・・。
これを繰り返していくうちに、とうとうヤミ金に手を出してしまいます。


ヤミ金は、たいていの消費者金融で借りることができなくなった債務者につけこんで、法外な利息で貸し付けをおこなう出資法違反の悪徳業者です。
ここまでくると、もう自分の力で借金を返すことは不可能となっているでしょう。
厳しい取り立てに本人のみならず家族も巻き込んで精神的にも参ってしまいます。

Copyright © 2014 債務整理について All Rights Reserved.